1. HOME
  2. 協会案内
  3. 会長あいさつ

ASSOCIATION

協会案内

 平素は、当協会の事業運営に対しまして、格別なるご理解、ご協力を賜り厚くお礼を申し上げます。
 昨年は、8月末の九州北部地方の豪雨、9月の台風15号による記録的な暴風、10月の台風19号による河川の決壊・氾濫等、甚大な被害がもたらされました。
 当協会においては、15号被害では、千葉県の3市町に対する物資の支援と鴨川市に対する屋根補修作業員の派遣、19号による県内の水害被害では、会員企業による災害ゴミ撤去等のボランティア活動を実施いたしました。
 地震、台風、豪雨など自然災害は、近年、頻発化、甚大化してきておりますので、私どもが担っております、地域の安全・安心を守る「地域の守り手」としての取り組みを強化して行く必要があると考えております。
 現在、建設業界は、担い手の確保や働き方改革への対応など、従来からの課題に加えて、新型コロナウイルス対応という新たな課題にも直面しているところでございますが、地域の基幹産業として、次代を担う人材の確保・育成に不可欠な「働き方改革」等に取り組みながら、「地域の守り手」という社会的使命を継続して果たして行かなくてはならないと考えております。
 建設業協会としましては、社会資本の整備や県民の安全・安心の確保について、しっかりと支えてまいりたいと考えております。引き続き、皆様方のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

一般社団法人 茨城県建設業協会
   会 長 石 津 健 光